美容外科の求人をみて転職してみた結果

生死を預かる看護師のストレス

求人 美容外科美容整形求人

看護師として病院に勤めていましたが、やりがいはあるものの責任感が重すぎて精神的に疲れきっていた時に美容外科で看護師の求人をしている物を発見して、初めて普通の病院以外での勤務先があることを知りました。
美容外科も病院ではありますが、病気をした人が来院する普通の病院とは違って、病気ではないけれど綺麗になりたい人がくるということで、生死を預かるようなストレスはないのかもしれないということで興味を持ちました。
実際にどのような仕事をするのかを調べてみると、医師の診察の補助のほかには手術の補佐をしたり、脱毛の施術をしたりと今までに経験したことのないような仕事内容だったので自分にできるかどうか心配になりましたが、思い切って面接に行ってみることに決めて実行にうつしました。
そして面接では仕事内容の不安について質問しましたが、最初は担当者がついて教えてもらえるということで新しい仕事にチャレンジしてみることにしました。
実際に仕事を始めてみると思っていたよりもスムーズに仕事を覚えることができて、何よりも嬉しかったのは職場の雰囲気がとても明るいことです。

美容外科の求人を探してみることに

アメブロを更新しました。 『美容外科・美容皮膚科専門の看護師求人紹介キャリアプレゼント|ドリームビューティー』 #キャリアプレゼント #看護師 https://t.co/xZ8hiT8GxR

— 小個安比奈 (@koga_aina) 2018年9月20日

医療事務として働いていたのですが、それまでの職場はピリピリしていることが多く気疲れしてしまいました。 仕事が大変なのは仕方ないのですが、ピリピリしていて刺々しい職場には馴染むことができなかったのです。 人の生死が関わっているわけですから、仕方がないでしょうがいい加減疲れてしまって、なんとかならないかなと考えていました。
そのような時に美容外科の広告を目にして、ここだったら少なくとも命に関わる患者が来るわけでもないので、まだましかも知れないと考え転職したいなと思うようになったのです。
それから求人を探してみるとそれなりに仕事はあるようで、条件もまずまずでしたから直ぐに行動に移すことにしました。
仕事の内容としては今までと大きく変わるようなことはなさそうでしたが、面接を受けてみると職場の雰囲気が現状とは大きく違うことを感じました。
同じ医療機関ではあるものの医療機関らしくない部分があって、やはり美容外科は違うなと思ったのです。
いくつかの美容外科で面接を受け、声をかけてくれるところはあるかなと思っていると、一番ここで働きたいと思っていたところから声をかけてもらえたので、転職をすることになりました。
新天地の仕事は大変ではありますが、雰囲気は悪くなくそれだけでも転職をした価値は十分にありました。

生死を預かる看護師のストレス / 美容外科の割がいい / プライベートが充実な美容外科 / 美容外科の求人は最近わりと多いです